ヘソクリはいろんな手段で別々に隠す

500円玉を持つ手

まずは簡単に500円玉貯金です。たまたまお釣りで出た500円を、色や絵の書いてある外から見えない瓶や缶に貯めます。わざわざ500円玉を作るのではなく、お釣りなどで出たものを貯めます。無理をすると家計に響くので気を付けた方がいいです。私は1年で10万円貯めて、USJでお小遣いにしました。もちろん主人には内緒です。

あとは毎月少しづつ誰も知らない銀行に入れています。通帳は持ち歩いています。家に置いておくと主人に見られる危険があるので、そこは気をつけています。毎月千円でも2千円でもいいです。無理をしないことが大切です。もう一つやっているのは、結婚前に貯めていた貯金を通帳ごと実家に置いてあります。家に無ければ誰にも見つからないし、自分でもお金が足りないからといって使うことができません。

結婚前の分ですから大した金額ではありませんが、200万以上はあります。このことは自分と母しか知りません。この実家にある分は将来のためです。だからどうしてもという時がこない限り、このまま使いません。500円玉貯金は友達との日帰りバス旅行や、家族でのちょっとした旅行などに使います。こうやって使い分けのできるヘソクリを日々しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)