1万円と15万円の差。トリック小銭貯金

ペットボトル

10数年、へそくりをしています。バレてるかバレてないかというとバレてます。なぜバレていてへそくりと言えるのか?それは主人が思ってる金額と実際の金額では大きなひらきがあるからです。

へそくりの方法は2リットル口の大きなペットボトルに小銭貯金をしてベッドの横に置いています。主人には「50円玉以下」をここに入れて貯めてると言っています。でも本当は500円玉以外はどの種類の硬貨でも入れています。ここが落とし穴なんです。100円玉が入ってないとペットボトルがいっぱいになっても金額的に高額にはならないんです。案の定主人は「どうせ1万円ぐらいでしょ」と思っています。ところが実際は100円玉も入れているので10倍以上の金額になります。

ペースとしては1年~1年半でペットボトルがいっぱいになるぐらいです。小銭は日々の買い物、スーパーでもドラッグストアでも、どこで買い物をしてもあまり小銭を使いません。2円出さなきゃ998円お釣りがきてしまう、なんて時だけ出します。こうやって日々生活費の中から小銭をわざと作っています。そしてお財布がパンパンになって重さを感じるようになったら、500円玉だけ出して残りの硬貨を種類は気にせずに鷲づかみしてペットボトルに入れます。多いときは鷲づかみを3回はします。いっぱいになった時や欲しいものがある時にペットボトルから出して郵便局に持っていき自分の通帳に入れます。ペットボトルをいっぱいにして平均15万円はあります。でも主人は1万円と思って疑っていません。小銭がお札に変化したらパァっと使っちゃいます。へそくりですからね。

確かにはじめは100円玉をペットボトルにに入れるのは気が引けましたが、今では「へそくり♪」って感じでなんの躊躇もありません。小銭なのですぐに現金が必要と思っても使えないですが、そこで使えないということも貯める為のメリットとして考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)