とにかく端数を誤魔化して自分のお財布へ

貯金箱とノート

私は結婚6年目の専業主婦です。2人の子供がいて、上の子の時は育休復帰をしましたが、下の子の出産を機に退職をし、自分の収入がなくなりました。そのためお小遣いもなく、生活費をやりくりして欲しいものを購入する生活です。私は節約が苦手で、節約したくないから自分も働いて収入を得たい人でした。しかし子育てをしていく中で仕事を続けることを困難に感じてやむなく退職したわけですが、節約が苦手という体質が変わるわけではありません。

でも、節約した分が自分のものになる!と考えてみたら積極的に節約できるようになりました。私が実践しているのはとにかく端数を誤魔化すことです。夫はお金の管理は全て私に任せっきりで家計簿を付けろとは言いません。私も書いてるだけで見返してないから!と理由をつけて書いていませんが、端数だけはしっかり秘密のノートにメモしています。

生活費を5日で1万と決めてやりくりしていることだけ告げ、内容は一切教えていないので、その気になれば5日で2、3千円が自分の財布へ消えていくこともあります。それで服を買ったりしているので、今のところへそくりが増えているわけではありませんが、これからは貯蓄の目標額を決めて、端数集めに励みたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)