細かな計算で大きなへそくりをする方法

家計簿をつける様子

大きくへそくりをするのはなかなか難しいのですがしっかりと家計簿を見直して細かな計算をすることで沢山のへそくりを貯めることができました。私が行っているへそくりの方法はまず家計簿をしっかり見直すことです。基本中の基本ですがこれが多くの人ができていないことなのです。しっかり見直し何にムダな費用を費やしているかを目で確認することができるので無駄なものを使うことが無くなります。

それがしっかりできてからざっくり家計の費用と毎月の収入を計算します。例えば、家賃が9万なら10万に設定しておきます。他にも食費が毎月1万8千円なら2万円などにざっくりと計算。そのざっくりと計算した後に余った金額をコツコツとへそくりをしていき、ざっくり計算した生活費は通帳からの引き落としだと自然と少ないけれども貯まっていきます。私はこれで毎月へそくりで3万円貯めることができ年間で40万貯めたことがあります。

余ったお金はどこに隠すかと言うと灯台下暗しと言うように、新しい通帳に入れてしまいます。変に家の中に隠してしまうとたまたま何かをしている時にバレてしまうことがあるかもしれませんが、通帳に隠してしまえば通帳を見ない旦那などにはばれることはありませんし、目に見えて金額を確認できることができるので楽しいです。通帳を確認してしまう旦那でどちらかと言えば家に隠した方がいいという方におすすめなのは、使わなくなった自分の服のポケットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)