月別アーカイブ: 2017年9月

有りがちですが、やっぱり車?

車のダッシュボード

約2年前から隠し続けて、色々使用してる為に貯蓄としては残っていませんが、50万くらいはいけてるかと。 通勤に車を使用していて、その通勤時間はもちろん私だけの為、行動に関してはバレる事は無いです。 お小遣い制度では無いので、毎日食費として数千円ずつ渡されます。給与振込のカードももちろん私自身持たせてもらっていません。

その数千円の中から食費やタバコ代、交遊費を差し引いて残った千円、五百円を貯めていきます。 運転席の座布団の下に小銭(ぶつかって音でバレるのを防ぐ為)、車検証入れにお札(車検近くには場所を変えます)と複数箇所に分けて隠しています。 ダッシュボードに千円だけ入れておいてわざと見つかりやすくしておき、いざ見つかれば見つかってしまったという演技で他の場所に意識を向けるのを防ぐ事が出来ます。

パチンコや競馬で勝った大きなお金は一人で作ったキャッシュカードに預け入れてそのカードをスペアタイヤの場所に隠しています。(一番意識が行きません) 出勤から自宅に帰るまでは、誰にも探される心配もなく、休みに一緒に出掛けてもわざと少額を見つけさせる事で疑いを晴らす、隠し場所を複数考えておく事で分別も可能。 ありがちですが、やはりベストな隠し場所は車です。

財布のひもを握っているのはほとんど女です

一万円札を持つ手

私のへそくりのため方は食費貯金です。 今私たちは食費や生活日用品をまとめて月5万円でやりくりをするように生活費財布を使っています。 毎月一日にお互いお金を出し合って私が2万円、旦那が3万円を払っています。 最初のころは二人とも2万円で一か月4万円でやりくりをしていました。 しかし4万円だと例えばお米とか大きな買い物があると足りなくなってしまったり、足りたとしてもぎりぎりなってしまうことがほとんどでした。

そのため旦那に足りないと嘘をつき、1万円多く生活費をもらうことにしました。 1万円増えるとだいぶ余裕ができます。必要なものは買いますが、なるべく節約して安いものを買い、余ったお金は私のへそくりにしています。 一緒に住み始めて2年になりますが毎月多い時で1万円、少なくても5千円ぐらいは貯金できているので合計17万円ぐらいになっています。

そのお金で私は友達と海外旅行に行こうと計画しています。 旦那は生活費の財布は全く見ません。毎月余ったお金もすぐに回収し私の書類とかを入れているファイルにこっそりと移しています。私の書類なども今までも今後も旦那が触ることはないので絶対に見つかることがないと思います。 生活費もやっぱり5万円あるとお酒も買えるし、おいしいご飯も食べれるねと言っているので疑っていません。