カテゴリー別アーカイブ: 増やす

財布のひもを握っているのはほとんど女です

一万円札を持つ手

私のへそくりのため方は食費貯金です。 今私たちは食費や生活日用品をまとめて月5万円でやりくりをするように生活費財布を使っています。 毎月一日にお互いお金を出し合って私が2万円、旦那が3万円を払っています。 最初のころは二人とも2万円で一か月4万円でやりくりをしていました。 しかし4万円だと例えばお米とか大きな買い物があると足りなくなってしまったり、足りたとしてもぎりぎりなってしまうことがほとんどでした。

そのため旦那に足りないと嘘をつき、1万円多く生活費をもらうことにしました。 1万円増えるとだいぶ余裕ができます。必要なものは買いますが、なるべく節約して安いものを買い、余ったお金は私のへそくりにしています。 一緒に住み始めて2年になりますが毎月多い時で1万円、少なくても5千円ぐらいは貯金できているので合計17万円ぐらいになっています。

そのお金で私は友達と海外旅行に行こうと計画しています。 旦那は生活費の財布は全く見ません。毎月余ったお金もすぐに回収し私の書類とかを入れているファイルにこっそりと移しています。私の書類なども今までも今後も旦那が触ることはないので絶対に見つかることがないと思います。 生活費もやっぱり5万円あるとお酒も買えるし、おいしいご飯も食べれるねと言っているので疑っていません。

ヘソクリはいろんな手段で別々に隠す

500円玉を持つ手

まずは簡単に500円玉貯金です。たまたまお釣りで出た500円を、色や絵の書いてある外から見えない瓶や缶に貯めます。わざわざ500円玉を作るのではなく、お釣りなどで出たものを貯めます。無理をすると家計に響くので気を付けた方がいいです。私は1年で10万円貯めて、USJでお小遣いにしました。もちろん主人には内緒です。

あとは毎月少しづつ誰も知らない銀行に入れています。通帳は持ち歩いています。家に置いておくと主人に見られる危険があるので、そこは気をつけています。毎月千円でも2千円でもいいです。無理をしないことが大切です。もう一つやっているのは、結婚前に貯めていた貯金を通帳ごと実家に置いてあります。家に無ければ誰にも見つからないし、自分でもお金が足りないからといって使うことができません。

結婚前の分ですから大した金額ではありませんが、200万以上はあります。このことは自分と母しか知りません。この実家にある分は将来のためです。だからどうしてもという時がこない限り、このまま使いません。500円玉貯金は友達との日帰りバス旅行や、家族でのちょっとした旅行などに使います。こうやって使い分けのできるヘソクリを日々しています。

フリマアプリで断捨離しながらコツコツ稼ぐ!

洋服を売るイメージ

こっそり稼ぐにはズバリ、フリマアプリでコツコツ売りまくるのがオススメです!家の中を見回してみてください。使おうと思いつつずっと置いてあるもの、捨てるのはもったいないけど使わないもの、もらったものの趣味ではないもの。沢山ありませんか?フリマアプリだと、そういったものを断捨離しつつ稼ぐことができます。

売ろうか迷ったときは「三ヶ月以内に使うか」を基準として一旦保管してみてください。三ヶ月以内に使わなかったものって大抵ずっと使わないんです。思い切って売っちゃいましょう!私は旦那がしばらく着ていないボロボロの服こっそり売っちゃいました。(笑)しかも、案外バレないんですよね。「あれ?どこに行っちゃったんだろうね?」なんてごまかします。

不用品の売却は基本ですが、もしも手先の器用さに自信があれば、ハンドメイド品を売るのも良いかと思います。オーダーメイド制にしておけば、予めたくさんの在庫を作っておく必要がないのでオススメです。また、結婚式用のドレスとか小物などの数回しか使うつもりのないものって買うのを躊躇しがちですが、そういうときはフリマアプリでいくらで売れそうか買う前にリサーチするのをおすすめします。使わなくなったあとに売れると思えば買う価値ありです。

そうやって貯まった売上金は最終的に旦那さんに秘密で自分の指定した口座に入金できます。使いかけの化粧品などを売っているうちに気がつけば数万円…というのも夢ではないです!ぜひトライしてみてください。

『クラウド型貯蓄』がおすすめ!!

数枚の商品券

配偶者にバレないヘソクリの貯蓄方法ですが、『クラウド型貯蓄』をお勧めします。クラウド型貯蓄とは私の造語ですが、簡単に言うと、確実にバレてしまう銀行口座を介さずに、ネット上で資産を貯める事です。銀行口座が家庭で一つになっていたり、口座を夫(もしくは奥様)に管理されている方は多いと思いますので、銀行に振り込まれる物は貯めて置いても、引き出しても履歴が残るので危険です。

クラウド貯蓄の方法は幾つかありますが、お小遣いサイトに登録し、現金ではなくポイントとして貯蓄しておくのが安心です。お小遣いサイトとは、無料で登録出来、携帯に送られてくるアンケートや、サイト内のコンテンツを閲覧するだけで、一日数円分ではありますが、現金と等価のポイントが付与されます。複数のサイトに登録すれば、1ヶ月で2000円~3000円は稼げます。(実際私も稼いでいます)月にすればわずかですが、一年継続すれば30000円近くにはなりますので、結構な贅沢をカバー出来ます。貯まったポイントは、「商品券交換」を積極的に狙っていきます。ほとんどのサイトで商品券交換は可能と思います。

ヘソクリの使用方法として、商品券があっても意味がない、という方もおられると思いますが、多少目減りはするものの、金券ショップで換金する事が出来ますよね。なので、商品券に交換→金券ショップに持ち込んで換金、とうい流れをとれば、誰にもバレずに現金に変える事が可能です!また、商品券を受け取る際に家族にバレる事が心配であれば、コンビニ受け取りにしてしまえば、自分一人の時に受け取ることが出来ますよね。

以上の事から、今ヘソクリが最もバレにくいのはお小遣いサイトを使った、『クラウド型貯蓄』が最もお勧めです。

1万円と15万円の差。トリック小銭貯金

ペットボトル

10数年、へそくりをしています。バレてるかバレてないかというとバレてます。なぜバレていてへそくりと言えるのか?それは主人が思ってる金額と実際の金額では大きなひらきがあるからです。

へそくりの方法は2リットル口の大きなペットボトルに小銭貯金をしてベッドの横に置いています。主人には「50円玉以下」をここに入れて貯めてると言っています。でも本当は500円玉以外はどの種類の硬貨でも入れています。ここが落とし穴なんです。100円玉が入ってないとペットボトルがいっぱいになっても金額的に高額にはならないんです。案の定主人は「どうせ1万円ぐらいでしょ」と思っています。ところが実際は100円玉も入れているので10倍以上の金額になります。

ペースとしては1年~1年半でペットボトルがいっぱいになるぐらいです。小銭は日々の買い物、スーパーでもドラッグストアでも、どこで買い物をしてもあまり小銭を使いません。2円出さなきゃ998円お釣りがきてしまう、なんて時だけ出します。こうやって日々生活費の中から小銭をわざと作っています。そしてお財布がパンパンになって重さを感じるようになったら、500円玉だけ出して残りの硬貨を種類は気にせずに鷲づかみしてペットボトルに入れます。多いときは鷲づかみを3回はします。いっぱいになった時や欲しいものがある時にペットボトルから出して郵便局に持っていき自分の通帳に入れます。ペットボトルをいっぱいにして平均15万円はあります。でも主人は1万円と思って疑っていません。小銭がお札に変化したらパァっと使っちゃいます。へそくりですからね。

確かにはじめは100円玉をペットボトルにに入れるのは気が引けましたが、今では「へそくり♪」って感じでなんの躊躇もありません。小銭なのですぐに現金が必要と思っても使えないですが、そこで使えないということも貯める為のメリットとして考えています。

ズバリ新しい口座で

貯金箱を持つ手

上手くへそくりをためる方法は、ずばり新しい口座をばれないように作ることです。自分の場合はゆうちょに口座を作って、ネットでの内職バイトなどの報酬などを管理しているのもあるのですが、別にも1つキャッシュカードを持っていてそこにへそくりを貯めていきます。

具体的には、まずお小遣いをもらいます。それから、毎朝コーヒーを買うなどの情報は嫁に話してるのですが、金額の安いコーヒーを買って少しずつですがお金を貯めていきます。そうして貯まったお金はバレる前に銀行に振り込んでしまうのです。

自分はお小遣い月25000円貰ってますが、切り詰めて、月に10000円くらいは余る時もあります。家の中に置いていてバレて没収されたこともあるので、自分しか使わない口座に入れておく事をオススメします。

又最近ではネット銀行なんかにも分けて入れていますね。自分が増やしているやり方は、株などを使って少しずつためているのもあり、稼いだお金は絶対にバレません。株に関しては増やすのはギャンブルみたいな所もありオススメ出来ませんが、コーヒーや昼食などの削れるお金を切り詰めて行くことで着実にお金をためることができますよ。自分はそれで、300000円くらい貯めました。バレてないです。

決めた金額でパチンコや競馬で増やす

競馬場

子供は2人いて31歳主婦をしております。家も購入し35年ローンです。貯金といえば家の頭金で半分はなくなってしまいました。これからは子供にお金がかかる為貯金どころかマイナスになってしまいます。月に貰っているお小遣いで遊びに行くという名目でたまにパチンコ店へ行っています。

あまり無理はせずスロットで決めた金額のみ行います。プラスになった分は財布に入れずそのまま貯金通帳へ。あとはネットバンクをもっているのでそれで土日はお家競馬です。携帯で簡単に馬券が購入でき、一口100円から買えます。プラスになったらもちろん貯金です。働きに出たらよいのですが、今年の保育所の応募にも落ちてしまいました。

なるべくお金は使わないようにして子供2人の子供手当は使わないようにしています。それぞれ子供たちの貯金通帳にそのまま貯金。この先不安だらけなので将来の為に少しづつでも今から貯金を頑張っていきたいと思っています。旦那の貯金残高については私は把握していません。夫婦別です。旦那は子供手当も保険に使っていると思っているのでためていることも知りません。まとまった金額になってから打ち明けようと思っています。今から反応が楽しみです。

臨時収入はへそくりに回すのが何より

数枚のお札とクレジットカード

私は期間は関係なくへそくりしています。金額は一番多い時で89万円でした。私は建設業の職人ですので別の会社に応援等になりますと日当と別に5千円プラスになります。月で計算すると10日ほど行ってますので毎月5万円はへそくりにあてています。嫁は会社のしくみは無縁なので口出ししない限りわかりません。小遣いが少ない分見逃してもらおうと罪悪感を消しています。その分職場の後輩たちに時々食事をご馳走しています。

私は時々ギャンブルもしています。けっこうな金額を稼ぐこともあります。仕事帰りにパチンコ店に寄り道し、平日にたまに休日がある時は競馬、競艇に行っていました。日曜日は休日でしたので何もせず家族サービス。ギャンブルで稼いだお金はほとんど嫁に渡します。1千万稼いだので流石に隠しきれず、百万位だけ貰いました。それから先は鬼嫁にはバレず、五年位前から地道にへそくりをしています。

今のへそくりの保管場所は自家用車のトランクの中に20万円と自分しか知らない銀行に30万円保管しています。自宅に保管していると忘れるか、バレてしまいます。私だけかもしれませんけれども。

半年間で100万円のへそくりを貯める方法

通帳とお金

へそくりという考え方ではなく純粋に貯金という目的でお金を貯め始めました。主人の収入の40%を貯金に回そうと思い、毎月コツコツと貯めていました。さすがに収入の40%と言うと、残業代などで毎月変動はするものの10万~15万程度にはなるので結構な金額になります。その残った分から家賃や食費や日用品やなんかをすべ手を賄おうとするのは少し厳しい月もありました。が、そこはなんとか頑張って食事を工夫して食費を節約し貯金優先でしのぎ、何とか半年間で100万まで貯めることが出来ました。

実際、へそくりという概念で貯めていた訳ではありませんが、主人はお金を貯めていたことは後から(100万円に到達してから)知りました。貯めていた場所は、銀行の普通預金口座です。それも、私自身の名義のものです。やましい気持ちがあったからではなく万が一お金が入用の際に引き出したいという場合に便利かと思いそうしました。へそくり=タンスというイメージが昔からありますが、やはり家の中で隠しておく方がもしも泥棒に入られた時に怖いですし、自分自身がどこにしまっておいたか忘れてしまいそうでしたので…。

そう言うことからやはり絶対に忘れることのない、かつ安全な銀行の口座に貯めておきました。気が付けば微々たるものですが利息も付いています。気持ちとして嬉しいものがあります。

家には置かず、貯まったらすぐ口座へ

3枚の500円玉

わが家では、主人が家計の管理をしています。お給料が入った日に1か月分として4万円の食費代をもらい、雑貨類も含めてそれでやりくりしています。実はそこから毎月5000円をへそくりに回しているのです。

もともと主人が500円玉貯金をしており、それを真似し始めました。ただ私の場合は、あとで足りなくなったらこの500円玉を使おうと別の小銭入れに分けておいたのです。1カ月して、主人からまた食費代をもらいました。そのときに分けておいた500円玉を思い出したのです。数えてみると5000円分ありました。

欲しいものが見つかったらこれを使おうと思い、そのまま小銭入れに入れて、少し隠すように棚に置いておいたのです。いつの間にか、その小銭入れがあらわになっていました。主人が奥の物を取り出すのに知らぬ間に動かしていたのです。何か言われるかもとどきどきしていましたが、気づいていなかったのでホッとしたのを覚えています。

それからどうしようかと迷い、いっそのこと自分の口座へ入れちゃえと思ったのがきっかけです。始めてから4年になりますが一度もばれたことはありません。やりくりがうまくいった月は、5000円以上になるときもあります。お財布と相談しながら無理なくできますし、記帳したときに貯まっていくのが見れるのも嬉しいです。