カテゴリー別アーカイブ: 増やす

半年間で100万円のへそくりを貯める方法

通帳とお金

へそくりという考え方ではなく純粋に貯金という目的でお金を貯め始めました。主人の収入の40%を貯金に回そうと思い、毎月コツコツと貯めていました。さすがに収入の40%と言うと、残業代などで毎月変動はするものの10万~15万程度にはなるので結構な金額になります。その残った分から家賃や食費や日用品やなんかをすべ手を賄おうとするのは少し厳しい月もありました。が、そこはなんとか頑張って食事を工夫して食費を節約し貯金優先でしのぎ、何とか半年間で100万まで貯めることが出来ました。

実際、へそくりという概念で貯めていた訳ではありませんが、主人はお金を貯めていたことは後から(100万円に到達してから)知りました。貯めていた場所は、銀行の普通預金口座です。それも、私自身の名義のものです。やましい気持ちがあったからではなく万が一お金が入用の際に引き出したいという場合に便利かと思いそうしました。へそくり=タンスというイメージが昔からありますが、やはり家の中で隠しておく方がもしも泥棒に入られた時に怖いですし、自分自身がどこにしまっておいたか忘れてしまいそうでしたので…。

そう言うことからやはり絶対に忘れることのない、かつ安全な銀行の口座に貯めておきました。気が付けば微々たるものですが利息も付いています。気持ちとして嬉しいものがあります。

家には置かず、貯まったらすぐ口座へ

3枚の500円玉

わが家では、主人が家計の管理をしています。お給料が入った日に1か月分として4万円の食費代をもらい、雑貨類も含めてそれでやりくりしています。実はそこから毎月5000円をへそくりに回しているのです。

もともと主人が500円玉貯金をしており、それを真似し始めました。ただ私の場合は、あとで足りなくなったらこの500円玉を使おうと別の小銭入れに分けておいたのです。1カ月して、主人からまた食費代をもらいました。そのときに分けておいた500円玉を思い出したのです。数えてみると5000円分ありました。

欲しいものが見つかったらこれを使おうと思い、そのまま小銭入れに入れて、少し隠すように棚に置いておいたのです。いつの間にか、その小銭入れがあらわになっていました。主人が奥の物を取り出すのに知らぬ間に動かしていたのです。何か言われるかもとどきどきしていましたが、気づいていなかったのでホッとしたのを覚えています。

それからどうしようかと迷い、いっそのこと自分の口座へ入れちゃえと思ったのがきっかけです。始めてから4年になりますが一度もばれたことはありません。やりくりがうまくいった月は、5000円以上になるときもあります。お財布と相談しながら無理なくできますし、記帳したときに貯まっていくのが見れるのも嬉しいです。

簡単なへそくり方法、ばれないように賢く貯める。

インテリアの小物

へそくり、主婦にとって大事なことです。ちょっと自分の服やランチ用にへそくりは大事です。しかしなかなかへそくりまでいかないです。なぜなら、日々の家計管理で手一杯でどこで貯めるか、貯めるためにどうしたらよいか、考える余裕も時間もないからです。

そんな方に簡単に始めてほしいへそくりが「小銭へそくり」です。想像できると思いますが、小銭を貯金箱に入れてこつこつ貯めることです。ここで気をつけるのは、500円玉は小銭貯金に入れません。100円から1円までです。500円は大きなお金です。かんたんに貯めるには、小額をこつこつ貯めるのがポイントです。500円がなくなるとけっこう、家計に影響しますから、まずは100円からです。

次に貯金箱です。最近100円ショップに行くとかわいい貯金箱が多いんですよ。しかも、おしゃれだからぱっと見、貯金箱に見えないものもあります。そうは言ってもよく見たら貯金箱ですので、隠し場所を決めておしゃれにおいて置くことが大事です。インテリアの1つに思わせるのです。

場所としては、玄関のインテリアの中の一部にしたり、キッチンの調味料棚、食器棚の中に置いたりして、おしゃれに飾りましょう。ポイントは貯金箱の口が見えないように飾ることです。そしてこつこつ貯めてください。大体、早くて半年で一杯になります。そのときの金額楽しみですね。

現金でなくてポイントで貯めるへそくり

ポイントのイメージ

へそくりと言うと、現金を思い浮かべる人も多いでしょうが、現金だとバレやすいので、私はポイントで貯めています。私は小遣いが高校生程度の額のためお金が必要で、この方法に気がつきました。へそくりの収入は、基本的にネットのバイトから得ています。空き時間にできるアンケートやライティングなどです。現金で収入を管理するサイトもありますが、ポイント管理されているところもあります。ブラウザなどに情報が残っているバレる危険性があるためポイントの方が安全です。

そして、ある程度ポイントがたまったら、アマゾンのポイントと交換します。アマゾンのポイントを使う理由は、ポイントのコードがメールで送られて来るタイプがあるので、それを使います。そしてここが重要なのですが、そのポイントメールで送られたコードを認証しないで、換金するサイトに持って行くのです。

ポイント換金サイトは、古物商の様なサイトなので、怪しいサイトではありません。一定の金額から換金してくれます。そして、そこで換金して口座に振り込んでもらいます。そして振り込んだ現金ですが、基本的にキャッシュカードで下ろして通帳記帳はしません。数字を残さないためです。これで大体記録されることは殆ど無く、収入から換金までネットで完結します。

あと理想を言うならば、へそくり用の端末が欲しいです。スマホだと見つかる可能性があります。そしてそのへそくり用端末は、自宅ではなくて会社などに保管した方がより安全かと思います。

バレずにへそくりを貯める方法はこれだ!

開いた通帳

まずはネット銀行を開設します。キャッシュカードは職場など、絶対バレないように気を付けて下さい。この秘密口座でへそくりを管理します。郵便物が一切届かないようにwebで設定することも忘れずに。オススメは新生銀行です。ここはセブンイレブンで365日24時間入出金が手数料無料です。

続いてへそくりの捻出方法ですが、お小遣いからの貯金は勿論、浮いたお金、端数などを貯めていきましょう。続いてネットで稼ぐ方法です。モッピーやげん玉などのポイントサイトでコツコツ貯めて、秘密口座に入金するとバレずにへそくり出来ます。アフィリエイトやクラウドワークスのようなネットで小遣い稼ぎが出来るビジネスモデルは多数ありますので、自分に合った小遣い稼ぎの方法を探します。

私はブログのアフィリエイトで月に2万円前後、ポイントサイトで数千円、クラウドワークスなどのネット作業で数千円、毎月稼ぐことが出来ています。小遣いからの貯金は0円から多い時で月に2万円程度です。無理せず年間で20万円くらい貯めるのは工夫と努力で達成可能です!うちサーバーやドメイン費用などの経費は年間15000円位です。ネットで稼いで秘密口座に入金する、という方法がへそくりを貯めて管理するベストな方法だと思います。

モニターサイトや治験モニターに登録

商品券

空いた時間で質問に答えてポイントを稼げるモニターサイトやポイントサイトにいくつか登録し、アンケートに答えたり、ネットショッピングをする際にそのサイト経由で購入してポイントを貯めています。

年に一度や二度くらいの頻度で金額は1回の換金で3万くらいです。銀行振り込み等の換金方法を選択しているのでへそくりを疑われたことはありません。銀行の預金通帳に印字されてしまうので、それを避けたい場合は商品券等へ交換して、郵送で受け取った後にそのまま貯めておくか、換金所で換金することができます。

またはネット銀行への振り込みに限ると、その銀行口座自体の存在を知られておらず、ログイン時にしか確認できないのでばれることはありません。モニターサイトの他に治験へのモニターも、平日に行われることが多いので相手に疑われることなく報償を受け取ることができます。

保管場所はありきたりですが、箪笥の中です。下着の入っている引き出しの中であれば開けられたとき嫌がる態度をとっても不自然ではありませんし、開けられることもほとんどありません。また、キッチンには料理本を閉まっている箇所があるのですがそこは私以外開ける人間はいないのでそちらと交互に場所を定期的に移動することで見つかるリスクを軽減しています。

毎日コツコツ。地道なへそくりの貯めかた

10円玉私流のへそくりの貯めかたは、毎日の家計費の水増しです。しかも分からないようにちょっとづつやるのがコツです。

例えば豆腐を55円で買ったとしましょう。これを60円と家計簿に記入するのです。すると5円へそくりができます。これを70円などにしてしまうと、家計簿がオープンな我が家では「え?そんなに豆腐が高いの?」と夫に不審がられてしまいます。あくまで5~10円くらいで水増しすることがコツです。

水増しした金額は、個別の秘密の家計簿にこっそり書き込んでおきます。そして月末になると、表向きの家計簿と秘密の家計簿の差額分を割り出して、自分名義の銀行口座に振り込んでおきます。

さらなるコツとしては、水増し分を多くするために、激安スーパーに行って食品を安く買います。標準の価格よりも少し高めに家計簿に記入します。これで水増し金額が多くなります。毎日のチラシをチェックし、1円でも安い商品があれば、多少遠くてもそのスーパーまで行ってより安い商品を手に入れます。

地道な方法ですが、長く続けることができて、何より簡単です。そして家計簿をオープンにすることで、逆にばれ難いです。今日から始められるので、皆さんにお勧めしたいへそくり方法です。

子どもの見えるところで堂々とへそくり

ハンバーガー

私は家計を任されていますが、日々やりくりは厳しいです。でも、へそくりはしています。それは小銭へそくりです。100円以下の小銭は三日に1回、チャリーンと貯金箱に入れます。そして言います。「この貯金箱のお金はマクドナルドとか外食にに使うからね」って。子供に見えるところで貯金します。子供はありがとうと貯まるのを楽しみにしています。

子供に信じてもらうことで主人も疑いません。大体2ヶ月で5000円貯まります。貯まったお金はすべてへそくりにはしません。もちろん、ばれますから。3000円を貯金します。一年で36000円になります。貯金箱の2000円は子供の外食に使います。だから、家族は疑わないんです。

あとは、私はイオン銀行を口座として持っています。これはへそくり口座です。例えばクリスマス予算が10000円で2000円余ったときにこの口座にさっと入れます。主人の親にもらった帰省したときのお小遣いもお土産や外食に使ってしまったわ、といいつつ、3000円ほど残しておいてこのネット口座に入れます。このようにこつこつ貯めて年間6万円になりました。大きいへそくりです。この調子で100万円目指します。

家族に内緒でこっそり貯められるへそくり術

小銭

私が実際に行ってばれなかったへそくりの貯め方はいたってシンプルです。食材など日々の買い物をされる方に最適な方法です。

まずはお金の調達先ですが、毎日の買い物の中で使った金額を割り増しして少しずつお金を引いていきます。いきなり千円単位、万単位で引き抜くと分かりやすいため、数百円ずつこっそり抜いていきます。特に物価が高いときなどはごまかしやすいのでオススメです。今日はこれが高かったから、など理由をつければ家族も納得するでしょう。

また、へそくりを隠しておく場所ですが、タンスの裏や引き出しの奥などは掃除をした時に見つかりやすいのでおすすめしません。鍵付きの引き出しも重要物が入っている匂いがしてしまいます。一番いいのは、自分が普段使う品物の中に紛れ込ませてしまうことです。ノートの中や次のシーズンで着る服の中に入れ込むなど、自分しか使わないところに入れておくと見つかりにくいです。手に取りやすいところにお金があるとは思われにくいため、まさに灯台下暗しといえる方法です。

日々使うお金からコツコツ貯めていけば、1年で3万、よければ5万にもなります。毎回少額で済むので続けやすいのもポイントです。今まで長続きしなかった、家族にばれてしまったという方はぜひお試しください。

母の洋服タンスはナンバーズ当選金の収納庫

クローゼットの中

私の母は父に隠れてこっそりへそくりを貯め続けています。母がへそくりを貯め始めてからかれこれ18年になりますが、一度も父にバレたことはありません。母は専業主婦ですので、収入源は専ら父の給料だけになるところですが、父の給料は万年安月給のため、常にお金の不安がつきまといます。そこで、母が思いついたのが宝くじのナンバーズ4を当てるという作戦でした。

ちょうど私が大学進学を控え、これからお金がかかる時にナンバーズ4の発売が始まり、それと同時に母は早速ナンバーズ4のセットストレートを当てるための研究を始めたのです。まだ抽選回数が少なかった頃から手作業で過去に出現した当選数字を全て記録してデータ分析を行なっていました。まだネットで予想サイトなんて開設されていなかった時からです。だから母は素人ながらナンバーズ4の先駆者で大ベテランだと思っています。

365日のうち殆どの日を予想に費やしていた母、私は最初は呆れ顔で見ていたのですが、実を結ぶ時がやってきました。研究を開始して2年経過した頃から急にセットボックスでの当選が増え、コンスタントに1ヶ月に1回は必ず臨時収入が得られるようになりました。そしてとうとう半年に1回の間隔で念願のセットストレートが当選するようになったのです。当選金は変動がありますが、毎回大抵50万円以上です。1年で100万円以上ともいえます。

私は母がセットストレートを当てる度に銀行に一緒に付き合って出向いていました。高額当選になると、当選金は宝くじ売り場ではなく、銀行の窓口で直接受け取ることになるのですが、その際係員さんから口座を開設することを勧めてくる場合があります。ですが、母はきっぱりと断わっていました。というのも家族のお金に目ざとい父が母の口座をチェックするかもしれないからです。そして毎回、当選金を受け取った後は目立たない茶色の封筒に入れて、速やかに帰宅していました。ただし現金全部を持ち帰るのは少し怖いということで、母は日頃殆ど使うことのない本人名義の口座に一部を預金、残りを自宅に持ち帰りました。

持ち帰った当選金は茶色の封筒に入れたまま、母の洋服タンスの奥にしまい込んでいました。沢山折り畳んで積み重ねた衣服の山に紛れこませるようにそっと封筒を忍ばせて置くようにしたのです。父はまさかそこにへそくりが隠れているとは思わないようで、全く気付きません。特に衣服に無頓着で自分の服が家の中のどこにあるか未だにわからないような父ですから、まして女性物の洋服タンスは眼中にはないようです。
そして高額当選しても絶対に羽振りが良い雰囲気を出さないこと、これを母と私も徹底しました。父はそういうことには敏感ですので、普段通りの生活を送り続けることに努めました。

母がへそくりを貯めるには私の協力が不可欠です。といっても、母が高額当選する度に1割ほどおこぼれを頂いてはいます。40歳代後半からナンバーズ4研究一色の生活を始め、現在63歳になるまで毎日欠かさず購入し当選を重ね、どんなに安く見積もっても合計1200万円以上当てているという実績、これは誰もができることではないでしょう。そんな実績を持つ根気強い母を私は尊敬しています。