細かな計算で大きなへそくりをする方法

家計簿をつける様子

大きくへそくりをするのはなかなか難しいのですがしっかりと家計簿を見直して細かな計算をすることで沢山のへそくりを貯めることができました。私が行っているへそくりの方法はまず家計簿をしっかり見直すことです。基本中の基本ですがこれが多くの人ができていないことなのです。しっかり見直し何にムダな費用を費やしているかを目で確認することができるので無駄なものを使うことが無くなります。

それがしっかりできてからざっくり家計の費用と毎月の収入を計算します。例えば、家賃が9万なら10万に設定しておきます。他にも食費が毎月1万8千円なら2万円などにざっくりと計算。そのざっくりと計算した後に余った金額をコツコツとへそくりをしていき、ざっくり計算した生活費は通帳からの引き落としだと自然と少ないけれども貯まっていきます。私はこれで毎月へそくりで3万円貯めることができ年間で40万貯めたことがあります。

余ったお金はどこに隠すかと言うと灯台下暗しと言うように、新しい通帳に入れてしまいます。変に家の中に隠してしまうとたまたま何かをしている時にバレてしまうことがあるかもしれませんが、通帳に隠してしまえば通帳を見ない旦那などにはばれることはありませんし、目に見えて金額を確認できることができるので楽しいです。通帳を確認してしまう旦那でどちらかと言えば家に隠した方がいいという方におすすめなのは、使わなくなった自分の服のポケットです。

へそくりは堂々と

授業参観

へそくりといえば、こっそりと得た収入や、買い物などのおつりを家族にごまかして貯めるイメージがありますが、堂々と貯めるこつがあります。それは、子どもの教育資金と称して、上乗せして貯めていく方法です。教育資金といっても、授業料だけでなく、校外学習の費用や給食費、修学旅行代と、当初予定していた金額より大幅に上回る年もあります。そのたびに使っていてはへそくりとはいえませんが、極端な話、修学旅行に持参する必要なもの(かばん、洋服、くつなど)を新調せずに家にあるもので代用できれば、余計な出費も減ります。

少しづつ貯まっていった教育資金を、別の口座に違う名目でうつしかえれば、立派にへそくり誕生です。子どもの学校の授業参観や保護者会では、普段着を着ていくわけにもいきませんし、毎年同じ服を着ていくのも気がひけます。これを家計に入れてしまうと、食費や光熱費の多い月が続くと我慢することもでてきます。そんなとき、見方を変えれば教育に必要なお金の一部と考えられるので、必要であれば別に作った口座から気兼ねなく使用できると思います。

最近は、小学校の修学旅行でも、おこずかいの中から家族のためにお土産を買ってきてくれるお子さんも多いので、へそくりならぬ教育資金から渡したおこずかいで旅行先の特産品などを子どもにお願いしている方も多いです。子どもも、その土地の特産品を知る機会にもなりますし、親も、普段なかなか手にしないものを、その時に頼めるので嬉しいようです。

1万円と15万円の差。トリック小銭貯金

ペットボトル

10数年、へそくりをしています。バレてるかバレてないかというとバレてます。なぜバレていてへそくりと言えるのか?それは主人が思ってる金額と実際の金額では大きなひらきがあるからです。

へそくりの方法は2リットル口の大きなペットボトルに小銭貯金をしてベッドの横に置いています。主人には「50円玉以下」をここに入れて貯めてると言っています。でも本当は500円玉以外はどの種類の硬貨でも入れています。ここが落とし穴なんです。100円玉が入ってないとペットボトルがいっぱいになっても金額的に高額にはならないんです。案の定主人は「どうせ1万円ぐらいでしょ」と思っています。ところが実際は100円玉も入れているので10倍以上の金額になります。

ペースとしては1年~1年半でペットボトルがいっぱいになるぐらいです。小銭は日々の買い物、スーパーでもドラッグストアでも、どこで買い物をしてもあまり小銭を使いません。2円出さなきゃ998円お釣りがきてしまう、なんて時だけ出します。こうやって日々生活費の中から小銭をわざと作っています。そしてお財布がパンパンになって重さを感じるようになったら、500円玉だけ出して残りの硬貨を種類は気にせずに鷲づかみしてペットボトルに入れます。多いときは鷲づかみを3回はします。いっぱいになった時や欲しいものがある時にペットボトルから出して郵便局に持っていき自分の通帳に入れます。ペットボトルをいっぱいにして平均15万円はあります。でも主人は1万円と思って疑っていません。小銭がお札に変化したらパァっと使っちゃいます。へそくりですからね。

確かにはじめは100円玉をペットボトルにに入れるのは気が引けましたが、今では「へそくり♪」って感じでなんの躊躇もありません。小銭なのですぐに現金が必要と思っても使えないですが、そこで使えないということも貯める為のメリットとして考えています。

ズバリ新しい口座で

貯金箱を持つ手

上手くへそくりをためる方法は、ずばり新しい口座をばれないように作ることです。自分の場合はゆうちょに口座を作って、ネットでの内職バイトなどの報酬などを管理しているのもあるのですが、別にも1つキャッシュカードを持っていてそこにへそくりを貯めていきます。

具体的には、まずお小遣いをもらいます。それから、毎朝コーヒーを買うなどの情報は嫁に話してるのですが、金額の安いコーヒーを買って少しずつですがお金を貯めていきます。そうして貯まったお金はバレる前に銀行に振り込んでしまうのです。

自分はお小遣い月25000円貰ってますが、切り詰めて、月に10000円くらいは余る時もあります。家の中に置いていてバレて没収されたこともあるので、自分しか使わない口座に入れておく事をオススメします。

又最近ではネット銀行なんかにも分けて入れていますね。自分が増やしているやり方は、株などを使って少しずつためているのもあり、稼いだお金は絶対にバレません。株に関しては増やすのはギャンブルみたいな所もありオススメ出来ませんが、コーヒーや昼食などの削れるお金を切り詰めて行くことで着実にお金をためることができますよ。自分はそれで、300000円くらい貯めました。バレてないです。

決めた金額でパチンコや競馬で増やす

競馬場

子供は2人いて31歳主婦をしております。家も購入し35年ローンです。貯金といえば家の頭金で半分はなくなってしまいました。これからは子供にお金がかかる為貯金どころかマイナスになってしまいます。月に貰っているお小遣いで遊びに行くという名目でたまにパチンコ店へ行っています。

あまり無理はせずスロットで決めた金額のみ行います。プラスになった分は財布に入れずそのまま貯金通帳へ。あとはネットバンクをもっているのでそれで土日はお家競馬です。携帯で簡単に馬券が購入でき、一口100円から買えます。プラスになったらもちろん貯金です。働きに出たらよいのですが、今年の保育所の応募にも落ちてしまいました。

なるべくお金は使わないようにして子供2人の子供手当は使わないようにしています。それぞれ子供たちの貯金通帳にそのまま貯金。この先不安だらけなので将来の為に少しづつでも今から貯金を頑張っていきたいと思っています。旦那の貯金残高については私は把握していません。夫婦別です。旦那は子供手当も保険に使っていると思っているのでためていることも知りません。まとまった金額になってから打ち明けようと思っています。今から反応が楽しみです。

臨時収入はへそくりに回すのが何より

数枚のお札とクレジットカード

私は期間は関係なくへそくりしています。金額は一番多い時で89万円でした。私は建設業の職人ですので別の会社に応援等になりますと日当と別に5千円プラスになります。月で計算すると10日ほど行ってますので毎月5万円はへそくりにあてています。嫁は会社のしくみは無縁なので口出ししない限りわかりません。小遣いが少ない分見逃してもらおうと罪悪感を消しています。その分職場の後輩たちに時々食事をご馳走しています。

私は時々ギャンブルもしています。けっこうな金額を稼ぐこともあります。仕事帰りにパチンコ店に寄り道し、平日にたまに休日がある時は競馬、競艇に行っていました。日曜日は休日でしたので何もせず家族サービス。ギャンブルで稼いだお金はほとんど嫁に渡します。1千万稼いだので流石に隠しきれず、百万位だけ貰いました。それから先は鬼嫁にはバレず、五年位前から地道にへそくりをしています。

今のへそくりの保管場所は自家用車のトランクの中に20万円と自分しか知らない銀行に30万円保管しています。自宅に保管していると忘れるか、バレてしまいます。私だけかもしれませんけれども。

半年間で100万円のへそくりを貯める方法

通帳とお金

へそくりという考え方ではなく純粋に貯金という目的でお金を貯め始めました。主人の収入の40%を貯金に回そうと思い、毎月コツコツと貯めていました。さすがに収入の40%と言うと、残業代などで毎月変動はするものの10万~15万程度にはなるので結構な金額になります。その残った分から家賃や食費や日用品やなんかをすべ手を賄おうとするのは少し厳しい月もありました。が、そこはなんとか頑張って食事を工夫して食費を節約し貯金優先でしのぎ、何とか半年間で100万まで貯めることが出来ました。

実際、へそくりという概念で貯めていた訳ではありませんが、主人はお金を貯めていたことは後から(100万円に到達してから)知りました。貯めていた場所は、銀行の普通預金口座です。それも、私自身の名義のものです。やましい気持ちがあったからではなく万が一お金が入用の際に引き出したいという場合に便利かと思いそうしました。へそくり=タンスというイメージが昔からありますが、やはり家の中で隠しておく方がもしも泥棒に入られた時に怖いですし、自分自身がどこにしまっておいたか忘れてしまいそうでしたので…。

そう言うことからやはり絶対に忘れることのない、かつ安全な銀行の口座に貯めておきました。気が付けば微々たるものですが利息も付いています。気持ちとして嬉しいものがあります。

家には置かず、貯まったらすぐ口座へ

3枚の500円玉

わが家では、主人が家計の管理をしています。お給料が入った日に1か月分として4万円の食費代をもらい、雑貨類も含めてそれでやりくりしています。実はそこから毎月5000円をへそくりに回しているのです。

もともと主人が500円玉貯金をしており、それを真似し始めました。ただ私の場合は、あとで足りなくなったらこの500円玉を使おうと別の小銭入れに分けておいたのです。1カ月して、主人からまた食費代をもらいました。そのときに分けておいた500円玉を思い出したのです。数えてみると5000円分ありました。

欲しいものが見つかったらこれを使おうと思い、そのまま小銭入れに入れて、少し隠すように棚に置いておいたのです。いつの間にか、その小銭入れがあらわになっていました。主人が奥の物を取り出すのに知らぬ間に動かしていたのです。何か言われるかもとどきどきしていましたが、気づいていなかったのでホッとしたのを覚えています。

それからどうしようかと迷い、いっそのこと自分の口座へ入れちゃえと思ったのがきっかけです。始めてから4年になりますが一度もばれたことはありません。やりくりがうまくいった月は、5000円以上になるときもあります。お財布と相談しながら無理なくできますし、記帳したときに貯まっていくのが見れるのも嬉しいです。

簡単なへそくり方法、ばれないように賢く貯める。

インテリアの小物

へそくり、主婦にとって大事なことです。ちょっと自分の服やランチ用にへそくりは大事です。しかしなかなかへそくりまでいかないです。なぜなら、日々の家計管理で手一杯でどこで貯めるか、貯めるためにどうしたらよいか、考える余裕も時間もないからです。

そんな方に簡単に始めてほしいへそくりが「小銭へそくり」です。想像できると思いますが、小銭を貯金箱に入れてこつこつ貯めることです。ここで気をつけるのは、500円玉は小銭貯金に入れません。100円から1円までです。500円は大きなお金です。かんたんに貯めるには、小額をこつこつ貯めるのがポイントです。500円がなくなるとけっこう、家計に影響しますから、まずは100円からです。

次に貯金箱です。最近100円ショップに行くとかわいい貯金箱が多いんですよ。しかも、おしゃれだからぱっと見、貯金箱に見えないものもあります。そうは言ってもよく見たら貯金箱ですので、隠し場所を決めておしゃれにおいて置くことが大事です。インテリアの1つに思わせるのです。

場所としては、玄関のインテリアの中の一部にしたり、キッチンの調味料棚、食器棚の中に置いたりして、おしゃれに飾りましょう。ポイントは貯金箱の口が見えないように飾ることです。そしてこつこつ貯めてください。大体、早くて半年で一杯になります。そのときの金額楽しみですね。

現金でなくてポイントで貯めるへそくり

ポイントのイメージ

へそくりと言うと、現金を思い浮かべる人も多いでしょうが、現金だとバレやすいので、私はポイントで貯めています。私は小遣いが高校生程度の額のためお金が必要で、この方法に気がつきました。へそくりの収入は、基本的にネットのバイトから得ています。空き時間にできるアンケートやライティングなどです。現金で収入を管理するサイトもありますが、ポイント管理されているところもあります。ブラウザなどに情報が残っているバレる危険性があるためポイントの方が安全です。

そして、ある程度ポイントがたまったら、アマゾンのポイントと交換します。アマゾンのポイントを使う理由は、ポイントのコードがメールで送られて来るタイプがあるので、それを使います。そしてここが重要なのですが、そのポイントメールで送られたコードを認証しないで、換金するサイトに持って行くのです。

ポイント換金サイトは、古物商の様なサイトなので、怪しいサイトではありません。一定の金額から換金してくれます。そして、そこで換金して口座に振り込んでもらいます。そして振り込んだ現金ですが、基本的にキャッシュカードで下ろして通帳記帳はしません。数字を残さないためです。これで大体記録されることは殆ど無く、収入から換金までネットで完結します。

あと理想を言うならば、へそくり用の端末が欲しいです。スマホだと見つかる可能性があります。そしてそのへそくり用端末は、自宅ではなくて会社などに保管した方がより安全かと思います。